NASAの木星探査機ジュノーが木星の軌道に投入されてから約3年。2019年5月までにはジュノーは20回のフライバイを実施し、木星のおどおどしく美しい画像を我々に見せてくれています。

そんな木星探査機ジュノーですが、7月に予定されていた21回目のフライバイに成功し、現地時間7月21日にRAWデータが「JunoCam」のコミュニティサイトで公開されました。サイト内ではRAWデータをもとに、様々な編集方法で木星の特徴を強調した画像が掲載されています。

以前の紹介した市民天文学者Kevin M. Gill氏も既に編集画像を複数投稿しており、独自の木星カラーを公開しています。以下の画像はKevin M. Gill氏が公開した木星の北半球とその拡大図です。

文頭の木星画像は美しい様にも見えますが、模様の拡大画像はやっぱりいつ見てもおどおどしいですね…。

なお、木星探査機ジュノーは2年後の2021年7月まで稼働し、30日には木星に投入されその任務を終える予定です。

 

Image Credit:NASA / JPL-Caltech / SwRI / MSSS / Kevin M. Gill
https://www.missionjuno.swri.edu/junocam