2019年12月、超大型望遠鏡(VLT)によって撮影されたベテルギウス(Credit: ESO/M. Montargès et al.)

オリオン座に輝く赤色超巨星「ベテルギウス」は昨年2019年後半から暗くなり続けており、超新星爆発が間近に迫っているのではないかと話題になっています。2月14日、ベテルギウスとその周辺を写した最新画像がヨーロッパ南天天文台(ESO)から公開されました。

■一部が暗く見えるベテルギウスの表面と、周囲に広がる塵を捉えた

2019年1月(左)と2019年12月(右)に撮影されたベテルギウスの比較画像(Credit: ESO/M. Montargès et al.)

Miguel Montargès氏(ルーヴェン大学、ベルギー)らの研究チームは、ESOのパラナル天文台にある「超大型望遠鏡(VLT)」に設置されている観測装置「SPHERE」を使い、およそ700光年先にあるベテルギウスを継続的に観測しています。今回公開された画像の1つは、Montargès氏らが2019年12月に撮影したベテルギウスのクローズアップ画像です。同年1月に撮影された画像と比較すると、ベテルギウスの一部が暗く見えるようになったことがわかります。

また、Pierre Kervella氏(パリ天文台、フランス)らの研究チームが2019年12月に撮影した、ベテルギウスから放出されて周囲に広がる塵を写した画像も公開されています。使われたのは超大型望遠鏡に設置されている観測装置「VISIR」で、ベテルギウスからの強い放射をさえぎることで、塵が放つ赤外線を捉えています。

超大型望遠鏡(VLT)によって2019年12月に撮影された、ベテルギウスの周囲に塵が広がる様子(Credit: ESO/P. Kervella/M. Montargès et al., Acknowledgement: Eric Pantin)

 オススメ関連記事