MOMO5号機の機体から火花が散る様子(Credit:NVS)

インターステラテクノロジズは6月14日午前5時15分、北海道大樹町からMOMO5号機の打ち上げを実施しました。

打ち上げ直後のMOMO5号機は、正常な状態で安定した様にも見えましたが、打ち上げから約30秒後に機体から火花が散る様子を確認。約60秒後にはジェット気流に巻き込まれた可能性が見られ、大きく姿勢を崩し海に落下し打ち上げは失敗に終わりました。

インターステラテクノロジズのTwitterアカウントによる速報によると、燃焼時間は60秒程度、最高高度は11km、宇宙空間には到達せず。着水場所は陸から4.12kmとのこと。

今回の打ち上げの詳細は14日午前9時から記者会見が行われる予定です。

 

Source: NVS / 堀江貴文 YouTubeチャンネル / インターステラテクノロジズ Twitter

 オススメ関連記事

【 sorae 広がる 】
フォローお願いします!
・Google news 配信
・Instagram ダイジェスト配信