「しきさい」画像を初取得 気候変動観測衛星


 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年1月12日、気候変動観測衛星(GCOM-C)「しきさい」で初取得した画像を公開しています。上の画像は、日本列島・オホーツク海周辺のカラー合成画像 です。
 
2017年12月23日に「H-IIA」ロケットで打ち上げられたしきさいは、19種類のさまざまな色(波長)を観測できるセンサ「多波長光学放射計(SGLI)」を搭載し、近紫外から熱赤外までの19の観測波長帯の観測が可能です。そして全地球を250mの分解能で約2日間で観測し、雲やエアロゾル、植生、漁場予測、黄砂の飛来、赤潮発生状況の把握などの気象変動メカニズムの解明を目指しています。
 

 
こちらは、関東・中部地方周辺域のトゥルーカラー合成画像とナチュラルカラー合成画像です。
 
今回の観測は初期機能確認運用として1月1日〜6日までおこなわれたもので、打ち上げ後約3ヶ月間ののちに初期校正検証運用を予定しています。
 
Image Credit: JAXA
■気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)の初画像取得について
http://www.jaxa.jp/press/2018/01/20180112_shikisai_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る