スペースXは日本時間2024年4月28日に「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた欧州の測位システム「Galileo(ガリレオ)」の測位衛星は無事に軌道へ投入されたことが、欧州宇宙連合計画局(EUSPA)のSNSにて報告されています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

-PR-

■打ち上げ情報:ファルコン9(Galileo L12)

ロケット:ファルコン9 ブロック5
打ち上げ日時:日本時間 2024年4月28日9時34分【成功】
発射場:ケネディ宇宙センター(アメリカ)
ペイロード:Galileo(ガリレオ)の測位衛星2機

Galileoは2016年に初期サービスが始まった欧州連合(EU)の全球測位衛星システム(GNSS)です。これまでGalileoの測位衛星はフランス領のギアナ宇宙センターから打ち上げられていましたが、ファルコン9を用いたアメリカからの打ち上げは今回が初となります。

なお、GNSSの測位衛星はアメリカの「GPS」をはじめ、中国の「北斗(BeiDou)」、ロシアの「GLONASS」など、各国が独自に打ち上げています。

【▲ Galileo(ガリレオ)衛星のイメージ図(Credit: ESA-P. Carril)】

■打ち上げ関連画像・映像

https://twitter.com/eu4space/status/1784445305846419959

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • Image Credit: SpaceX, EUSPA
  • SpaceX – GALILEO L12 MISSION
  • Ars Technica – It’s official: Europe turns to the Falcon 9 to launch its navigation satellites

文/sorae編集部 速報班 編集/sorae編集部

-ads-

-ads-