-PR-

アメリカ航空宇宙局(NASA)、United Launch Alliance(ユナイテッド・ローンチ・アライアンス、ULA)、Boeing(ボーイング)は日本時間2024年6月5日、ボーイングの新型宇宙船「Starliner(スターライナー)」による有人飛行試験ミッション「Crew Flight Test(CFT)」の打ち上げを実施しました。スターライナーは無事にロケットから分離されて地球周回軌道に到達したことが、NASA、ULA、ボーイングから発表されています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:アトラスV N22(CST-100 Starliner CFT)

ロケット:アトラスV N22
打ち上げ日時:日本時間2024年6月5日23時52分【成功】
発射場:ケープカナベラル宇宙軍基地(アメリカ)
ペイロード:スターライナー宇宙船「Calypso(カリプソ)」

CFTは国際宇宙ステーション(ISS)への有人宇宙飛行ミッションで、スターライナーの有人飛行試験という位置付けです。クルーは2名で、コマンダーをNASAのBarry Wilmore(バリー・ウィルモア)宇宙飛行士、パイロットをNASAのSunita Williams(スニータ・ウィリアムズ)宇宙飛行士が務めます。

-PR2-

ULAの「Atlas V(アトラスV)」ロケットに搭載されて日本時間2024年6月5日23時52分に打ち上げられたスターライナーは、発射14分52秒後にアトラスVのセントール上段から分離し、発射31分後に計画通りスラスターを噴射して地球を周回する安定した軌道に入りました。ISSへのドッキングは日本時間2024年6月7日1時15分頃の予定です。

■打ち上げ関連画像・映像

【▲ CFTミッションの新型宇宙船「スターライナー」を搭載して打ち上げられた「アトラスV」ロケット。アメリカ航空宇宙局(NASA)のライブ配信から(Credit: NASA)】
【▲ CFTミッションの新型宇宙船「スターライナー」を搭載して打ち上げられた「アトラスV」ロケット。アメリカ航空宇宙局(NASA)のライブ配信から(Credit: NASA)】

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • NASA – NASA’s Boeing Crew Flight Test
  • ULA – Atlas V Starliner CFT
  • Boeing – Mission Updates

文/sorae編集部 速報班 編集/sorae編集部

-ads-

-ads-