20161028npum
 
今週末はハロウィン! 街中のハロウィンにあやかった装飾を見るのも楽しいですし、土日にはコスプレを計画している人もいるでしょう。そんなハロウィンを祝福しているような、「どう見てもパンプキンな太陽の画像」がNASAによって撮影されていました。
 
2014年の10月8日に撮影されたこの画像は、NASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」によって撮影されたものです。撮影には171と193オングストロームの波長を利用。太陽の活動領域が、まるでかぼちゃをくり抜いたジャック・オ・ランタンみたいですね!
 
この太陽の活動領域からはより多くの光やエネルギーが放出されており、それが太陽大気を覆う強力で複雑な磁気フィールドのコロナとなるのです。またこのオレンジ〜ゴールドの色は着色されたもので、実際の見た目とは異なります。
 
一見ただの輝く光球にしか見えない太陽ですが、今回のように紫外線や磁気フィールドを観測すると非常に興味深い顔を覗かせてくれます。10月31日のハロウィンでは、太陽はどんな顔をしているのでしょうか?
 
Image Credit: NASA
■Pumpkin Sun
https://svs.gsfc.nasa.gov/cgi-bin/details.cgi?aid=11711&linkId=30358392

 オススメ関連記事