JAXAは8月2日より「第2回 宇宙生活/地上生活に共通する課題を解決する生活用品アイデア募集」を開始しました。

この募集は、2020年に開始した新しい取り組みで、宇宙生活の課題を起点に、宇宙と地上双方の暮らしを便利にする製品・サービスの創出を目指しています。

第2回となる今回の募集では、2023年以降に国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗予定の「古川宇宙飛行士」や以降搭乗する宇宙飛行士が使用するものとなります。

また、参加メリットとして「宇宙ビジネスへの参入の機会」「広告・宣伝への活用
」「地上実証の場」「各業界のプロも参画する本格的なインキュベーション体制」などをあげています。

応募資格は法人で、提案書フォーマットに基づいた必要事項の記入が必要となります。募集期間は、2021年8月2日(月)~9月30日(木)17:00迄で、詳しい内容に関しては募集詳細ページ(https://humans-in-space.jaxa.jp/biz-lab/news/detail/001588.html)を参照してください。

【▲ 古川宇宙飛行士のメッセージ】

なお、第1回募集で選定されたのは「宇宙靴下(ワコール)」「すすぎが簡単なハミガキ (ライオン)」「ISSで快適に使用できるボディペーパー(マンダム)」「宇宙空間の快適生活のための水なし洗髪シート(花王)」など10製品となり、2022年頃ISSに登場予定です。

 

Image Credit: JAXA新事業促進部
文/sorae編集部

 オススメ関連記事