teTra Mk-3E(通称:テトラ3)

テトラ・アビエーション株式会社は、一人乗り航空機開発コンテスト「GoFly」の最終飛行審査に向け、米国での試験飛行許可を取得。大会で実際に飛行する「teTra Mk-3E(通称:テトラ3)」を公開しました。

テトラ3はGoFlyコンテストに参加していた経緯から、現在に至るまで実機や詳細な仕様は対外公表せず、デザイン概要のみを公開していました。今回の試験飛行許可を取得は、テトラ3の米国内でのデモ飛行・テスト飛行を行うため、米国連邦航空局(FAA)との調整を行っており、書類審査や実地検査等を経て、無事承認されたものです。米穀での試験飛行許可を取得は、日本企業で初となります。

これにより、米国時間2月27〜29日にシリコンバレーにあるNASAエイムズ研究センターに行われる「GoFly世界大会決勝」に向けて飛行試験を開始し、実際に大会で飛行させることが可能となりました。

テトラ・アビエーション株式会社は「これからは日本発のベンチャー企業として、航空機の安全性や運用手順に関する書類審査や実地検査を通過した技術・ノウハウを日本の産業界に対して広く還元することにより、日本の航空産業にも貢献をしていけると考えています」と述べています。

 

関連:日本発の空飛ぶクルマのプロジェクトチーム「テトラ」、世界大会の最終飛行審査へ

Source: テトラ・アビエーション株式会社

 オススメ関連記事