小田急電鉄株式会社は、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社の「カメラ映像とAIによる異常状態検知システム(スペースタイムシーンアナリティクス)」を用いた、踏切内の安全性向上を目的とした実証実験を2020年2月14日(金)から3月まで東京都町田市にある小田急町田駅北側の「玉川学園前8号踏切」で実施します。

この実証実験では、踏切監視カメラの映像を「スペースタイムシーンアナリティクス」を活用してAIによる解析を行います。解析される様々な情報は、踏切内での異常状態検知の強化に役立ち、将来的には付近を走行する列車を自動で停止させるなど踏切内事故を未然に防止できる環境を構築することが可能になるといいます。

なお、実証実験に選ばれた「玉川学園前8号踏切」は、小田急町田駅と隣接しており、開かずの踏切として地元で有名な場所です。また、駅出口の近くということもあり、踏切を待つ車両や沢山の人々、そして危険な無謀横断などが目立っています。

 

Source: 小田急電鉄

 オススメ関連記事