スペースXは日本時間2024年3月5日、「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。ファルコン9には合計53のペイロードが搭載されており、同社は予定されていた衛星分離シーケンスが全て完了したことをSNSで報告しています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:ファルコン9(Transporter-10)

ロケット:ファルコン9 ブロック5
打ち上げ日時:日本時間2024年3月5日7時5分【成功】
発射場:ヴァンデンバーグ宇宙軍基地(アメリカ)
ペイロード:超小型衛星など(合計53)

-PR-

Transporter-10は合計53のペイロードを太陽同期軌道(SSO)へ投入することを目的とした小型衛星向けのライドシェアミッションです。ペイロードにはキューブサット、マイクロサット、ホステッド・ペイロード(相乗り機器)などが含まれています。

なお、スペースXは同日にフロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地から23機のスターリンク衛星も打ち上げており、前日に行われたアメリカ航空宇宙局(NASA)の有人宇宙飛行ミッション「Crew-8」の打ち上げも含めれば、4名の宇宙飛行士を乗せたクルードラゴン宇宙船と76のペイロードを24時間以内に打ち上げたことになります。

■打ち上げ関連画像・映像

【▲ ヴァンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられた「Transporter-10」のファルコン9ロケット。スペースXのライブ配信より(Credit: SpaceX)】
【▲ ヴァンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられた「Transporter-10」のファルコン9ロケット。スペースXのライブ配信より(Credit: SpaceX)】
【▲ ファルコン9ロケットのフェアリングに格納される「Transporter-10」の超小型衛星など53のペイロード(Credit: SpaceX)】
【▲ ファルコン9ロケットのフェアリングに格納される「Transporter-10」の超小型衛星など53のペイロード(Credit: SpaceX)】

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • SpaceX - Transporter-10 Mission
  • SpaceX (X公式アカウント)

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-