スペースXは日本時間2023年10月13日に、「ファルコン・ヘビー」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていたアメリカ航空宇宙局(NASA)の小惑星探査ミッション「Psyche(サイキ)」の探査機はロケットから正常に分離されたことを、スペースXとNASAがSNSや公式サイトにて報告しています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

-PR-

■打ち上げ情報:ファルコン・ヘビー(Psyche)

ロケット:ファルコン・ヘビー
打ち上げ日時:日本時間2023年10月13日23時19分【成功】
発射場:ケネディ宇宙センター(アメリカ)
ペイロード:小惑星探査ミッション「Psyche(サイキ)」探査機

Psycheは火星と木星の間に広がる小惑星帯を公転する最大幅280kmの小惑星「16 Psyche(プシケ)」の周回探査を目的としており、低コスト・高効率な探査を目指すNASAの「ディスカバリー計画」14番目のミッションとして2017年に選定されました。Psyche探査機は2029年8月にプシケに到着し、26か月間に渡って周回探査を実施する予定です。

プシケは鉄やニッケルといった金属を豊富に含む「M型小惑星」に分類されていて、その正体は初期の太陽系で形成された原始惑星のコア(核)ではないかと予想されてきました。過去に探査機が接近して観測した小惑星や彗星は主に岩石や氷でできていたため、Psycheは金属質の小惑星を間近で観測する初のミッションとなります。地球のコアを直接調べることはできませんが、原始惑星のコアだった可能性があるプシケの観測を通して、地球のような惑星の形成についての貴重な情報が得られると期待されています。

■打ち上げ関連画像・映像

【▲ 小惑星探査ミッション「Psyche」の探査機を搭載してケネディ宇宙センター39A射点から発射された「ファルコンヘビー」ロケット。アメリカ航空宇宙局(NASA)のライブ配信から引用(Credit: NASA)】
【▲ 小惑星探査ミッション「Psyche」の探査機を搭載してケネディ宇宙センター39A射点から発射された「ファルコンヘビー」ロケット。アメリカ航空宇宙局(NASA)のライブ配信から引用(Credit: NASA)】
【▲ ファルコンヘビーの2段目から分離され遠ざかっていくPsyche探査機。アメリカ航空宇宙局(NASA)のライブ配信から引用(Credit: NASA)】
【▲ ファルコンヘビーの2段目から分離され遠ざかっていくPsyche探査機。アメリカ航空宇宙局(NASA)のライブ配信から引用(Credit: NASA)】

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • SpaceX – Psyche Mission
  • NASA – Psyche Mission (NASA Blogs)

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-