アメリカ航空宇宙局(NASA)とスペースXは日本時間2023年8月26日、有人宇宙飛行ミッション「Crew-7」の打ち上げを実施しました。有人宇宙船クルードラゴン「エンデュランス(Endurance)」は無事に地球周回軌道へ投入されたことが、NASAやスペースXから発表されています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:ファルコン9(Crew-7)

ロケット:ファルコン9 ブロック5
打ち上げ日時:日本時間2023年8月26日16時27分【成功】
発射場:ケネディ宇宙センター(アメリカ)
ペイロード:クルードラゴン宇宙船「エンデュランス(Endurance)」

-PR-

Crew-7は国際宇宙ステーション(ISS)への有人宇宙飛行ミッションです。コマンダーはNASAのジャスミン・モグベリ(Jasmin Moghbeli)宇宙飛行士、パイロットは欧州宇宙機関(ESA)のアンドレアス・モーゲンセン(Andreas Mogensen)宇宙飛行士、ミッションスペシャリストは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の古川聡宇宙飛行士とロスコスモス(Roscosmos)のコンスタンチン・ボリソフ(Konstantin Borisov)宇宙飛行士です。

古川飛行士は今回のCrew-7が2回目の宇宙飛行です。1回目の宇宙飛行では2011年6月から11月にかけて、第28次/第29次長期滞在クルーの一員としてISSに滞在しました。ESAのモーゲンセン飛行士は2015年9月に10日間の宇宙飛行ミッションでISSに短期滞在した経験があります。NASAのモグベリ飛行士とロスコスモスのボリソフ飛行士は今回が初の宇宙飛行です。

当初Crew-7の打ち上げは前日の日本時間2023年8月25日に予定されていましたが、NASAによるとクルードラゴンの環境制御・生命維持システム(ECLSS)のコンポーネントの1つについて再確認する時間を確保するために1日延期されていました。

エンデュランスは日本時間2023年8月27日21時39分頃にISSへドッキングする予定です。

■打ち上げ関連画像・映像

【▲ Crew-7ミッションのクルードラゴン宇宙船「エンデュランス」を搭載したファルコン9ロケットの打ち上げ。NASAのライブ配信より(Credit: NASA)】
【▲ Crew-7ミッションのクルードラゴン宇宙船「エンデュランス」を搭載したファルコン9ロケットの打ち上げ。NASAのライブ配信より(Credit: NASA)】
【▲ ファルコン9ロケット2段目のエンジンが燃焼を終了して無重力状態になったクルードラゴン宇宙船「エンデュランス」船内の様子。NASAのライブ配信より(Credit: NASA)】
【▲ ファルコン9ロケット2段目のエンジンが燃焼を終了して無重力状態になったクルードラゴン宇宙船「エンデュランス」船内の様子。NASAのライブ配信より(Credit: NASA)】
【▲ ファルコン9ロケット2段目から分離されたクルードラゴン宇宙船「エンデュランス」。NASAのライブ配信より(Credit: NASA)】
【▲ ファルコン9ロケット2段目から分離されたクルードラゴン宇宙船「エンデュランス」。NASAのライブ配信より(Credit: NASA)】

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • Image Credit: NASA
  • NASA - NASA’s SpaceX Crew-7 Mission (NASA Blogs)
  • SpaceX - Crew-7 Mission

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-