-PR-

スペースXは2023年6月6日(日本時間)に、「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた「カーゴドラゴン」補給船は打ち上げ成功に続いて国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしたことを、アメリカ航空宇宙局(NASA)とスペースXが公式サイトやSNSにて報告しています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:ファルコン9(Dragon CRS-2 SpX-28)

ロケット:ファルコン9 ブロック5
打ち上げ日時:日本時間2023年6月6日0時47分【成功】
発射場:ケネディ宇宙センター(アメリカ)
ペイロード:カーゴドラゴン(Cargo Dragon C208)

カーゴドラゴン補給船はISSへの物資輸送を行う無人補給船です。「Dragon CRS-2 SpX-28」(CRS-28、ドラゴン補給船運用28号機)はスペースXによる28回目のサービスミッションで、リンゴやブルーベリーなどの生鮮食品をはじめ、備品やハードウェア、様々な実験装置や超小型衛星などが搭載されています。

-PR2-

また、同補給船後部のトランク(非与圧部)には2基の新型太陽電池アレイ「iROSA(ISS Roll-out Solar Array)」が搭載されています。iROSAは太陽電池アレイの経年劣化によって低下したISSの発電能力を補うために、既存の太陽電池アレイに重ねるようにして設置が進められています。ISSでは合計6基のiROSA設置が予定されており、2022年12月までに4基が設置済みです。

なお、カーゴドラゴンは日本時間2023年6月6日18時54分、ISSの第2結合部「ハーモニー」モジュールへドッキングすることに成功しました。

■打ち上げ関連画像・映像

【▲ CRS-28のカーゴドラゴンを搭載したファルコン9ロケットの打ち上げ(Credit: SpaceX)】
【▲ CRS-28のカーゴドラゴンを搭載したファルコン9ロケットの打ち上げ(Credit: SpaceX)】

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • Image Credit: SpaceX
  • NASA – NASA, SpaceX Launch Solar Arrays, Cargo to Space Station
  • NASA – NASA’s SpaceX CRS-28 Commercial Resupply Mission (NASA Blogs)
  • SpaceX – CRS-28 Mission

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-