【▲ ロケットに取り付けられているカメラが捉えたランチャーワン第1段エンジン燃焼中の様子。ヴァージン・オービットのライブ配信から(Credit: Virgin Orbit)】

【▲ ロケットに取り付けられているカメラが捉えたランチャーワン第1段エンジン燃焼中の様子。ヴァージン・オービットのライブ配信から(Credit: Virgin Orbit)】

ヴァージン・オービットは日本時間2023年1月10日に、空中発射型ロケット「ランチャーワン」の打ち上げを実施しました。同社によると、搭載されていた人工衛星を軌道に投入することはできず、打ち上げは失敗した模様です。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:ランチャーワン(Start Me Up)

打ち上げ機体:ランチャーワン(母機「コズミックガール」からの空中発射)
打ち上げ日時:日本時間 2023年1月10日8時9分【失敗】
発射場:コーンウォール宇宙港(ニューキー・コーンウォール国際空港、イギリス)
ペイロード:IOD-3 AMBER、Prometheus 2A/2B、CIRCE 1/2、DOVER、ForgeStar-0、AMAN、STORK-6

「Start Me Up」はイギリス初の軌道打ち上げミッションで、ヴァージン・オービット、イギリス宇宙局(UKSA)、イギリス民間航空局(CAA)、コーンウォール国際空港による共同ミッションです。ペイロードは、政府関係や民間企業の衛星7種類となっています。

ヴァージン・オービットによると、ボーイング747を改造した空中発射母機「コズミックガール」から現地時間1月9日23時9分に投下されたランチャーワンは、第1段エンジンの点火、第2段の分離、第2段エンジンの点火に成功して高度100km以上の宇宙空間に到達したものの、何らかの原因で地球を周回する軌道に投入できなかったとみられています。なお、母機のコズミックガールは無事にコーンウォール宇宙港へ帰還しています。

ランチャーワンの打ち上げは2020年5月の初飛行以来、今回が6回目です。初飛行では打ち上げに失敗したものの、2回目以降はいずれも成功していました。

■打ち上げ関連画像・映像

 

「Start Me Up」のミッションパッチ(Credit: Virgin Orbit)

【▲「Start Me Up」のミッションパッチ(Credit: Virgin Orbit)】

 

Advertisements
【▲ 参考画像:エンジンの空中点火に成功したランチャーワン(下)と母機のコズミックガール(上)。2020年5月撮影(Credit: Virgin Orbit/Greg Robinson)】

【▲ 参考画像:エンジンの空中点火に成功したランチャーワン(下)と母機のコズミックガール(上)。2020年5月撮影(Credit: Virgin Orbit/Greg Robinson)】

 

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • Image Credit: Virgin Orbit
  • Virgin Orbit - START ME UP MISSION
  • Virgin Orbit - VIRGIN ORBIT COMPLETES FINAL SUCCESSFUL END-TO-END REHEARSAL – ALL SYSTEMS CURRENTLY ‘GREEN’ PROCEEDING TOWARD HISTORIC U.K. LAUNCH | Virgin Orbit
  • Virgin Orbit (Twitter)

文/sorae編集部 速報班 - 2023年1月10日10時20分

Twitterでフォローしよう