ヴァンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられた「ファルコン9」ロケット

【▲ヴァンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられた「ファルコン9」ロケット(Credit: SpaceX Twitter)】

スペースXは日本時間2022年12月30日に、同社の「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた地球観測衛星「EROS-C3」は無事に軌道へ投入されたことが、同社のSNSや公式サイトにて報告されています。

Advertisements

今回の打ち上げは、スペースXにとって2022年最後のミッションとなりました。なお、2023年最初の打ち上げは1月3日の予定です。

■打ち上げ情報:ファルコン9(EROS-C3)

ロケット:ファルコン9 ブロック5
打ち上げ日時:日本時間 2022年12月30日16時38分【成功】
発射場:ヴァンデンバーグ宇宙軍基地(アメリカ)
ペイロード:EROS-C3(Earth Resources Observation Systems C3)

EROS-C3は、イスラエルのImageSat International(ISI)が運用する地球資源観測衛星です。今回打ち上げられたEROS-C3は、既に軌道上にあるEROS-C1、EROS-C2とEROS(地球資源観測システム)ネットワークを構築する予定となっています。

「EROS-C」シリーズのイメージ画像

【▲「EROS-C」シリーズのイメージ画像(Credit: ISI)】

■打ち上げ関連画像・映像

https://twitter.com/ImageSatIntl/status/1608739610859036673

Advertisements

■打ち上げ関連リンク

 

Source

文/sorae編集部 速報班

Twitterでフォローしよう