【▲打ち上げ直後の「長征2号D」ロケット」(Credit: CASC)】
【▲打ち上げ直後の「長征2号D」ロケット」(Credit: CASC)】

中国は日本時間2022年10月9日に、中国国営企業「中国航天科技集団(CASC)」が開発した「長征2号D」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた人工衛星は無事に軌道へ投入されたことが、複数の中国メディアにて報じられています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

-PR-

■長征2号D(CZ2D Y55)

打ち上げ日時:日本時間2022年10月9日8時43分【成功】
発射場:酒泉衛星発射センター(中国)
ペイロード:先進的宇宙太陽天文台「夸父1号」(ASO-S:Advanced Space-borne Solar Observatory)

CASCによると、夸父1号は中国初の太陽観測に特化した衛星です。太陽フレア・コロナ質量放出・太陽の磁場の間にある因果関係を研究し、宇宙天気予報をサポートするため、同衛星は高度720kmの太陽同期軌道から4年間に渡り太陽の観測を行う予定です。

【▲ 先進的宇宙太陽天文台「夸父1号」(ASO-S)のイメージ図(Credit: 中国科学院紫金山天文台)】
【▲ 先進的宇宙太陽天文台「夸父1号」(ASO-S)のイメージ図(Credit: 中国科学院紫金山天文台)】

なお、長征ロケットシリーズの打ち上げは、今回で442回目となりました。

 

関連:直近のロケット打ち上げ情報リスト

Source

  • Image Credit: CASC, 中国科学院紫金山天文台
  • CASC - 长二丁火箭成功发射先进天基太阳天文台卫星
  • CCTV(Weibo
  • 紫金山天文台 - Advanced Space-based Solar Observatory

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-