【▲海上発射された「長征11号」ロケット(Credit: 于吉松, CASC )】
【▲海上発射された「長征11号」ロケット(Credit: 于吉松, CASC )】

中国は日本時間2022年10月7日に、中国国営企業「中国航天科技集団(CASC )」が開発した「長征11号」ロケットの海上打ち上げを実施しました。搭載されていた人工衛星は無事に軌道へ投入されたことが、複数の中国メディアにて報じられています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

-PR-

■長征11号(CZ11 HY4)

打ち上げ日時:日本時間2022年10月7日22時10分【成功】
発射場:DEFU 15002 海上発射(中国 山東省海陽沖 3km)
ペイロード:CentiSpace-1 S5 & S6(Xiangrikui 5 & 6

CentiSpace-1は、中国北京の企業Future Navigationの商用小型衛星シリーズで、別名「Xiangrikui(向日葵)」と呼ばれています。CentiSpace-1 S5とS6は、GNSS増強技術を検証するための試験衛星であると中国メディアは報じています。また、CASCは長征11号の技術は既に成熟しており、ロケットの組み立てから打ち上げまで約4ヶ月で完了したと述べています。

【▲輸送中の「長征11号」ロケット(Credit: 王志刚, CASC)】
【▲輸送中の「長征11号」ロケット(Credit: 王志刚, CASC)】

なお、長征ロケットシリーズの打ち上げは、今回で441回目となりました。

 

関連:直近のロケット打ち上げ情報リスト

Source

  • Image Credit: CASC
  • CASC - 长征十一号一箭双星海上发射成功

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-