ロケットラボは日本時間2024年3月13日、 日本の民間企業Synspective(シンスペクティブ)が開発した小型SAR衛星「StriX-3(ストリクス・スリー)」を搭載した「エレクトロン」ロケットの打ち上げミッション「Owl Night Long」に成功しました。

【▲ ニュージーランド・マヒア半島にあるロケットラボの発射場から打ち上げられたエレクトロンロケット(Credit: Rocket Lab)】
【▲ ニュージーランド・マヒア半島にあるロケットラボの発射場から打ち上げられたエレクトロンロケット(Credit: Rocket Lab)】

StriX-3を搭載したエレクトロンは日本時間2024年3月13日0時3分(ニュージーランド夏時間2024年3月13日4時3分)、ニュージーランドのマヒア半島にあるロケットラボの発射場から打ち上げられました。衛星は高度561kmの太陽同期軌道へ投入されました。シンスペクティブは軌道投入後の衛星との通信が正常に機能し、アンテナの展開も確認されたと発表しています。

-PR-

シンスペクティブは内閣府の革新的研究開発推進プログラム「ImPACT」の研究成果を社会実装することを目的として2018年に設立された日本の民間宇宙企業で、合成開口レーダー(SAR)を搭載する衛星のコンステレーションを構築・運用し、そのデータ販売や解析を行っています。シンスペクティブによると、同社の小型SAR衛星は従来のSAR衛星の約10分の1である重量約100キログラム級で、開発費と打ち上げ費用を合わせたコストは大型のSAR衛星と比較して約20分の1を実現しています。

シンスペクティブは2020年12月に実証機「StriX-α(ストリクス・アルファ)」、2022年2月に実証機「StriX-β(ストリクス・ベータ)」の軌道投入に成功しています。そして2022年9月に初めての商用実証機「StriX-1(ストリクス・ワン)」の軌道投入に成功しました。今回打ち上げられたStriX-3は同社が開発した4機目の衛星で、SrtiX-1と同じ設計理念に基づいて開発され、効率的な生産体制の構築を目指した衛星とされています。なお、衛星の名称の「StriX」はフクロウの学名である「Strix uralensis」にちなんで名付けられています。フクロウは夜間でもモノが見え、暗闇でも採食できることから、SARの特徴とも一致します。

【▲ ロケットラボの発射場で打ち上げに向けて準備が進められる小型SAR衛星「StriX-3」(Credit: Rocket Lab)】
【▲ ロケットラボの発射場で打ち上げに向けて準備が進められる小型SAR衛星「StriX-3」(Credit: Rocket Lab)】

シンスペクティブの新井元行代表取締役CEOは「Synspectiveは先日創業から6年が経ちました。今回の成功を含め、これまでに4機の衛星打上げの成功と、複数のソリューションの展開、そして世界中のパートナーとの連携や多くの顧客との取引開始など順調に成長してきました。今年は衛星量産拠点の整備、ならびにコンステレーション運用力、データ供給量、そしてデータ解析能力を強化していきます」とコメントしています。

ちなみに、前回打ち上げられた衛星は「StriX-1」でしたが、今回打ち上げられた衛星は「StriX-2」ではなく「StriX-3」でした。シンスペクティブによると、同社は小型SAR衛星のコンステレーション構築を目指すために複数の衛星を同時並行で製造しており、衛星の製造状況に応じて準備が整った機体から打ち上げられるため、機体の打ち上げ順番は前後する場合があるということです。シンスペクティブによれば、StriX-2はすでに製造が行われており、今後打ち上げが計画されています。

また、今回の打ち上げミッション名「Owl Night Long」は米国のシンガーソングライターのライオネル・リッチーによる楽曲「All Night Long」のオマージュであり、フクロウの”owl”と”all”をかけているということです。ここではSAR衛星の「夜通し(all night long)」観測できる特徴も合わせて表現しています。ミッションロゴはレコードをモチーフにしたデザインで、2曲目の「24/7」は英語圏の表現で「毎日24時間・週7日間」を表し、3曲目の「Through Cloud and Rain」は曇りや雨でも地上をレーダーで観測できるSARの特徴を表しているといったように、4つの曲名でSARの特徴が表現されています。

【▲ StriX-3のミッションマーク(Credit: Synspective)】
【▲ StriX-3のミッションマーク(Credit: Synspective)】

 

Source

  • Rocket Lab - Rocket Lab Successfully Launches 45th Electron Mission, 4th for Longtime Partner Synspective
  • Synspective - Synspectiveの小型SAR衛星「StriX-3」軌道投入に成功。アンテナの展開成功も確認。
  • Synspective - Owl Night Long

文/出口隼詩 編集/sorae編集部

-ads-

-ads-