スペースXは日本時間2024年2月15日、同社の「ファルコン9」ロケットによる打ち上げミッション「USSF-124」を実施しました。USSF-124は米国宇宙軍の宇宙システムコマンドがスペースXと共同で行ったミッションで、米国ミサイル防衛局(MDA)の衛星2機と米国宇宙開発庁(SDA)の衛星4機を打ち上げることに成功しました。

【▲ ケープカナベラル宇宙軍基地第40発射施設から打ち上げられたファルコン9ロケット(Credit: SpaceX)】
【▲ ケープカナベラル宇宙軍基地第40発射施設から打ち上げられたファルコン9ロケット(Credit: SpaceX)】

6機の衛星を搭載したファルコン9は、日本時間2024年2月15日7時30分(米国東部標準時2024年2月14日17時30分)に米国フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地第40発射施設から打ち上げられました。宇宙システムコマンドによると、衛星は予定した軌道へ投入されたということです。

ファルコン9の第1段機体は今回が7回目の使用で、発射約8分後に基地内の着陸エリアへ帰還しました。今回使用された第1段機体は2023年3月2日に実施された国際宇宙ステーション(ISS)への有人飛行ミッション「Crew-6」で初飛行して以来、2023年4月28日に実施された通信衛星「O3b mPower 3&4」の打ち上げ、4回のスターリンクミッションで使用されてきました。

-PR-

【▲ ケープカナベラル宇宙軍基地内の着陸エリアへ帰還したファルコン9の第1段機体(Credit: SpaceX)】
【▲ ケープカナベラル宇宙軍基地内の着陸エリアへ帰還したファルコン9の第1段機体(Credit: SpaceX)】

今回のミッションで打ち上げられたのは、MDAの「極超音速・弾道ミサイル追跡宇宙センサー(Hypersonic and Ballistic Tracking Space Sensor:HBTSS)」プロトタイプ衛星2機と、SDAの衛星コンステレーションである拡散型戦闘宇宙アーキテクチャ(Proliferated Warfighter Space Architecture、PWSA)の「Tranche 0 Tracking Layer」を構成するプロトタイプ衛星4機です。

HBTSS衛星はMDA、米国宇宙軍、SDAが共同開発したもので、弾道ミサイルや極超音速ミサイルなどの探知・追尾を目的とします。SDAによると、MDAのHBTSS実証プログラムを通して開発されたミサイル防衛能力は、SDAのPWSAコンステレーションに情報を提供し、極超音速飛行物体や弾道ミサイルなどを探知することでミサイル防衛兵器などにデータの提供を行うということです。なお、MDAのHBTSS衛星実証プログラムは2018年にスタートし、2021年にプロトタイプの詳細設計審査(クリティカル・デザイン・レビュー)が完了しました。

【▲ 米国ミサイル防衛局が運用するHBTSS実証プログラムの概念図(Credit: Northrop Gruumman)】
【▲ 米国ミサイル防衛局が運用するHBTSS実証プログラムの概念図(Credit: Northrop Gruumman)】

SDAのPWSAコンステレーションは、全世界で低遅延かつ大容量の通信を支援する「Transport Layer(トランスポート・レイヤー)」と極超音速兵器や弾道ミサイルを探知・追跡する「Trachking Layer(トラッキング・レイヤー)」の2タイプがあります。USSF-124で打ち上げられた衛星は、トラッキング・レイヤーのプロトタイプである「Tranche 0」を構築します。Tranche 0は28機の衛星で構成され、2023年に米国カルフォルニア州のヴァンデンバーグ宇宙軍基地から順次打ち上げられており、今回の打ち上げはTranche 0にとって最後の打ち上げとなります。

SDAのデレック・トゥルナー(Derek Tourner)長官は「SDAの衛星をMDAのHBTSS衛星と同じ軌道に打ち上げることは両機関にとって成功である。同時刻に同じ軌道から試験ターゲットを観測することができるので、2つのセンサーがどのように機能するかを見ることができる」とコメントしています。

また、米宇宙軍の宇宙システムコマンドに所属するAssured Access to Space(AATS)ミッションディレクターのウォルト・ローダーデール(Walt Lauderdale)氏は「ミッションチームはTranche 0衛星を打ち上げ予定日から6か月かからず、30日以内にUSSF-124に追加した。前例のない即応性は米国宇宙軍が今日の脅威的な環境に対抗するために必要な能力である」とコメントしています。

MDAによると、今回打ち上げられたプロトタイプの衛星は2年間の軌道上試験を行うため、MDAとSDAのエンジニアは今後数週間、他システムとの運用や通信を確認・試験するということです。

なお、USSF-124は国家安全保障宇宙打ち上げ(National Security Space Launch:NSSL)プログラムのもとで契約・調達された8回目の打ち上げミッションです。

 

Source

  • SpaceX - USSF-124 MISSION
  • Space System Command - Space Systems Command successfully launches six satellites for Missile Defense Agency and Space Development Agency on SpaceX Falcon 9 rocket
  • Space System Command - Space Systems Command Prepares to Launch Missile Warning Satellites for the Missile Defense Agency and Space Development Agency
  • MDA - MDA, SDA Confirm Successful Launch Of The Hypersonic And Ballistic Tracking Space Sensor And Tranche 0 Satellites
  • Space Development Agency - SDA, MDA ANNOUNCE UPCOMING LAUNCH OF THE TRANCHE 0 TRACKING AND HYPERSONIC AND BALLISTIC TRACKING SPACE SENSOR AND SATELLITES
  • Space Development Agency - Tranche 0
  • L3Harris - US Department of Defence Launches L3Harries Missile Tracking Satellite
  • Northrop Grumman - 極超音速・弾道ミサイル追跡宇宙センサー、クリティカル・デザイン・レビューを完了
  • Everyday Astronaut - USSF-124 | Falcon 9 Block 5

文/出口隼詩 編集/sorae編集部

-ads-

-ads-