-PR-

北朝鮮の国家航空宇宙技術総局(NATA)が2023年11月21日夜に打ち上げたとする偵察衛星「マンリギョン(万里鏡)1号」について、アメリカ宇宙コマンドは宇宙空間の人工物を識別するための衛星カタログ番号(Satellite Catalog Number:SATCAT)を付与しました。【最終更新:2023年11月25日10時】

【▲ 朝鮮中央通信が2023年11月22日付で掲載した画像。2023年11月21日に北朝鮮が打ち上げた「チョンリマ(千里馬)1型」ロケットとみられる(Credit: 朝鮮中央通信)】
【▲ 朝鮮中央通信が2023年11月22日付で掲載した画像。2023年11月21日に北朝鮮が打ち上げた「チョンリマ(千里馬)1型」ロケットとみられる(Credit: 朝鮮中央通信)】

アメリカ宇宙軍の第18宇宙防衛隊(18th Space Defense Squadron)が管理するSpace-Track.orgで公開されている情報によると、マンリギョン1号に付与された衛星カタログ番号は「58400」で、日本時間2023年11月25日の時点では高度512×493km・軌道傾斜角97.43度の軌道を94.66分周期で周回しているとされています。同衛星の打ち上げについては木原稔防衛大臣も11月24日の会見で、何らかの物体が地球を周回していることを確認したと明らかにしていました。

また、朝鮮中央通信は2023年11月25日付で、11月24日にマンリギョン1号で撮影した韓国および北朝鮮の各地域の航空宇宙写真を金正恩総書記が見たと報じています。朝鮮中央通信は打ち上げから間もない11月22日にも、同衛星で撮影したグアムのアメリカ軍主要軍事基地区域の写真を金総書記が見たと報じていました。なお、マンリギョン1号で撮影された画像そのものはこれまでに公開されていませんが、偵察衛星という性質上、正常に運用されているとしても画像の積極的な公開は期待できない可能性があります。

-PR2-

国家航空宇宙技術総局によると、マンリギョン1号は日本時間2023年11月21日22時42分に北朝鮮の西海(ソヘ)衛星発射場から「チョンリマ(千里馬)1型」ロケットで打ち上げられ、同日22時54分に地球周回軌道へ投入されました。北朝鮮が2023年に入って偵察衛星の打ち上げを試みたのは今回が3回目で、5月31日と8月24日に実施された打ち上げはどちらも失敗したとされていました。

関連記事
北朝鮮が偵察衛星の打ち上げに成功したと発表 予告期間の1時間余り前に実施(2023年11月22日)
北朝鮮、予告していたロケット打ち上げを実施も失敗と発表 10月に再び打ち上げか(2023年8月24日)
北朝鮮、予告していた飛翔体の発射を実施 打ち上げ失敗し墜落と発表(2023年5月31日)

 

Source

  • Space-Track.org
  • 防衛省 – 令和5年11月24日(金)08:39~08:43|木原防衛大臣閣議後会見
  • 朝鮮中央通信 – 金正恩総書記が国家航空宇宙技術総局平壌総合管制所を訪れて偵察衛星の運用準備状態を調べる

文/sorae編集部

-ads-

-ads-