米宇宙企業ヴァージン・ギャラクティックは2023年9月8日~9日(日本時間・以下同様)にかけて、宇宙船「スペースシップツー “VSS Unity”」による同社3回目の商業宇宙飛行ミッション「Galactic 03」を実施しました。6名のクルーを乗せたVSS Unityは高度80km以上の宇宙空間(※)へ到達した後に、無事地上へ帰還しています。【2023年9月13日10時】

【▲ 準軌道飛行中のヴァージン・ギャラクティックの宇宙船「スペースシップ・ツー “VSS Unity”」(Credit: Virgin Galactic)】
【▲ 準軌道飛行中のヴァージン・ギャラクティックの宇宙船「スペースシップ・ツー “VSS Unity”」(Credit: Virgin Galactic)】

ヴァージン・ギャラクティックによると、空中発射母機「ホワイトナイトツー “VMS Eve”」に吊り下げられたVSS Unityは、2023年9月8日23時34分(米国山岳部夏時間同日8時34分)に米国ニューメキシコ州のスペースポート・アメリカを離陸。高度4万4867フィート(約1万3600m)で母機から切り離されると自身のエンジンで最大速度マッハ2.95まで加速・上昇し、準軌道飛行(サブオービタル飛行)を行った後、翌9月9日0時36分にスペースポート・アメリカへ着陸しました。最高到達高度は55マイル(約88.5km)とされています。

-PR-

【▲ 準軌道飛行中のVSS Unityのキャビンで浮遊するGalactic 03のクルー(Credit: Virgin Galactic)】
【▲ 準軌道飛行中のVSS Unityのキャビンで浮遊するGalactic 03のクルー(Credit: Virgin Galactic)】

今回のGalactic 03は2023年8月に実施された「Galactic 02」に続き、ヴァージン・ギャラクティックにとって3回目の商業宇宙飛行となりました。クルー6名のうち乗客は3名で、米国出身のKen Baxterさん、南アフリカ共和国出身の英国市民Timothy Nashさん、英国出身のAdrian Reynardさんが搭乗しました。ヴァージン・ギャラクティックによると、3名は同社のチケットを購入した最初の顧客たちに含まれる人物だということです。

ヴァージン・ギャラクティックによる次の商業宇宙飛行ミッション「Galactic 04」は2023年10月に予定されています。

 

※…国際的には高度100km以上が宇宙と定義されていますが、米空軍は高度80km以上と定義しています。

Source

  • Image Credit: Virgin Galactic
  • Virgin Galactic - Virgin Galactic Completes Fourth Successful Spaceflight in Four Months

文/sorae編集部

-ads-

-ads-