アメリカの民間宇宙企業スペースXとアクシオム・スペースは、国際宇宙ステーション(ISS)への滞在ミッション「Axiom Misson 2(Ax-2)」の打ち上げを日本時間2023年5月22日に予定しています。【2023年5月19日12時】

【▲ Ax-2ミッションのクルードラゴン宇宙船を搭載し、ケネディ宇宙センター39A射点に据え付けられたファルコン9ロケット(Credit: SpaceX)】
【▲ Ax-2ミッションのクルードラゴン宇宙船を搭載し、ケネディ宇宙センター39A射点に据え付けられたファルコン9ロケット(Credit: SpaceX)】

Ax-2はアクシオム・スペースによるISS滞在ミッションで、クルーはすべて民間人で構成されています。スペースXの宇宙船「クルードラゴン“フリーダム”」で到着したクルーはISSに最長2週間滞在し、人体生理学、物理化学、STEAM(科学・技術・工学・芸術・数学)などの分野に関する20以上の実験を実施する予定です。Ax-2は2022年4月に実施された「Ax-1」ミッションに続く、民間主導としては2回目のISS滞在ミッションとなります。

関連:初の民間主導ISS滞在ミッション「Ax-1」参加した4名が地球に無事帰還(2022年4月29日)

-PR-

Ax-2のクルーはアメリカのペギー・ウィットソン(Peggy Whitson)さんとジョン・ショフナー(John Shoffner)さん、サウジアラビア出身のアリ・アルカルニ(Ali Alqarni)さんとラヤナ・バルナウィ(Rayyanah Barnawi)さんの4名です。

ウィットソンさんは元アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士で、Ax-2のコマンダーを務めます。ISSのコマンダー2回、船外活動10回の経験があり、合計宇宙滞在日数665日は2023年5月19日時点で女性宇宙飛行士の歴代最長記録です。ウィットソンさんはアクシオム・スペースの有人宇宙飛行部門責任者でもあります。

パイロット、レーシングドライバー、投資家であるショフナーさんはAx-2のパイロットを務めます。17歳の頃から飛行機の操縦を始め、飛行時間8500時間以上、スカイダイビングとベースジャンプ合計3000回の経験があります。

アルカルニさんとバルナウィさんはAx-2のミッションスペシャリストを務めます。サウジアラビア空軍でF-15SAを操縦してきたアルカルニさんは複数の航空機の操縦経験があり、飛行時間は2387時間以上。バルナウィさんは生物医科学で複数の学位を取得しており、がん幹細胞研究に10年近く携わってきました。

【▲ Ax-2ミッションのプライムクルー。左から:ペギー・ウィットソンさん、ジョン・ショフナーさん、アリ・アルカルニさん、ラヤナ・バルナウィさん(Credit: Axiom Space)】
【▲ Ax-2ミッションのプライムクルー。左から:ペギー・ウィットソンさん、ジョン・ショフナーさん、アリ・アルカルニさん、ラヤナ・バルナウィさん(Credit: Axiom Space)】

4名が搭乗するクルードラゴン宇宙船を搭載した「ファルコン9」ロケットは米国フロリダ州のケネディ宇宙センター39A射点に到着しており、打ち上げ準備が進められています。Ax-2ミッションの打ち上げ日時は日本時間2023年5月22日6時37分の予定です(※天候条件などの理由で延期される可能性があります)。

 

Source

文/sorae編集部

-ads-

-ads-