【▲ Crew-6ミッションの宇宙飛行士。左から:アンドレイ・フェジャーエフ飛行士、ウォーレン・ホバーグ飛行士、スティーブ・ボーエン飛行士、スルタン・アル・ネヤディ飛行士(Credit: SpaceX)】

【2023年2月27日16時50分更新】2月27日に予定されていた打ち上げは延期になりました。


アメリカ航空宇宙局(NASA)は2月21日、米国フロリダ州のケネディ宇宙センターで2023年2月27日15時45分(日本時間)に有人宇宙飛行ミッション「Crew-6(クルー6)」の打ち上げを実施すると発表しました。

-PR-

Crew-6ミッションではアメリカのスティーブ・ボーエン(Stephen Bowen)宇宙飛行士とウォーレン・ホバーグ(Warren Hoburg)宇宙飛行士、アラブ首長国連邦(UAE)のスルタン・アル・ネヤディ(Sultan Alneyadi)宇宙飛行士、ロシアのアンドレイ・フェジャーエフ(Andrey Fedyaev)宇宙飛行士がスペースXのクルードラゴン宇宙船「エンデバー(Endeavour)」に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かいます。

コマンダーを務めるボーエン飛行士はこれまでにスペースシャトルで3回の飛行経験がありますが、他の3名は今回が初の宇宙飛行となります。4名は長期滞在クルーとしてISSに約6か月間滞在します。

なお、現在ISSに滞在している宇宙航空研究開発機構(JAXA)の若田光一宇宙飛行士ら「Crew-5」ミッションの4名は、Crew-6のISS到着と前後してクルードラゴン宇宙船「エンデュランス(Endurance)」でISSを離れ、地球に帰還する予定です。

【▲ Crew-6ミッションの4名が搭乗するクルードラゴン宇宙船「エンデバー」(Credit: SpaceX)】

 

Source

  • Image Credit: SpaceX
  • NASA – NASA’s SpaceX Crew-6 Mission (NASA Blogs)

文/sorae編集部

-ads-

-ads-