【▲ 第1段に点火したVV22ミッションの「ヴェガC」ロケット。アリアンスペースのライブ配信から(Credit: Arianespace)】

【▲ 第1段に点火したVV22ミッションの「ヴェガC」ロケット。アリアンスペースのライブ配信から(Credit: Arianespace)】

Advertisements

アリアンスペースは2022年12月21日10時47分(日本時間)に、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターから「ヴェガC」ロケットによる「VV22」ミッションの打ち上げを実施しました。同社によると、発射後にヴェガCの第2段で異常が発生し、打ち上げは失敗した模様です。

ヴェガCはアリアンスペースが開発した新型ロケットです。初打ち上げに成功した2022年7月13日の「VV21」ミッションに続き、今回のVV22が2回目の打ち上げで、エアバスが開発した地球観測衛星「Pleiades Neo」の同型機2機が搭載されていました。同社は打ち上げ失敗の原因を特定するためのデータ分析を進めています。

ヴェガC(VV22)については新しい情報が入り次第お伝えします。

 

Advertisements

Source

文/sorae編集部

Twitterでフォローしよう