【▲ 国際宇宙ステーションを離れる有人宇宙船「クルードラゴン “エンデュランス”」。2022年5月5日撮影(Credit: NASA)】

【▲ 国際宇宙ステーションを離れる有人宇宙船「クルードラゴン “エンデュランス”」。2022年5月5日撮影(Credit: NASA)】

日本時間2022年5月6日、スペースXの有人宇宙船「クルードラゴン “Endurance(エンデュランス)”」が米国フロリダ州タンパ沖合のメキシコ湾上へ着水することに成功し、搭乗していた4名の宇宙飛行士が無事地球へ帰還しました。

クルードラゴンに搭乗していたのは、国際宇宙ステーション(ISS)への有人飛行ミッション「Crew-3」に参加していたアメリカ航空宇宙局(NASA)のラジャ・チャリ(Raja Chari)宇宙飛行士トーマス・マーシュバーン(Thomas Marshburn)宇宙飛行士ケイラ・バロン(Kayla Barron)宇宙飛行士、それに欧州宇宙機関(ESA)のマティアス・マウラー(Matthias Maurer)宇宙飛行士です。

【▲ タンパ沖のメキシコ湾に着水したクルードラゴン「エンデュランス」(Credit: NASA)】

【▲ タンパ沖のメキシコ湾に着水したクルードラゴン「エンデュランス」(Credit: NASA)】

4名が搭乗したクルードラゴンは日本時間2021年11月11日にケネディ宇宙センターから打ち上げられ、翌11月12日にISSへ到着。4名は第66次/第67次長期滞在クルーの一員としてISSに175日間滞在し、4回の船外活動をはじめ科学実験や技術実証といった様々なタスクに従事しました(帰還するまでの飛行日数は177日間)。

帰還する4名を乗せたクルードラゴンは、日本時間2022年5月5日14時20分にISSとのドッキングを解除。翌5月6日13時43分(米国東部夏時間同日0時43分)にメキシコ湾へ着水した同船は、間もなくスペースXの回収船「Shannon(シャノン)」に無事収容されています。


【▲ スペースXの回収船「シャノン」に引き上げられたクルードラゴンの船内で手を振る4名の宇宙飛行士たち。左から:ESAのマウラー飛行士、NASAのマーシュバーン飛行士、チャリ飛行士、バロン飛行士(Credit: NASA/Aubrey Gemignani)】

【▲ スペースXの回収船「シャノン」に引き上げられたクルードラゴンの船内で手を振る4名の宇宙飛行士たち。左から:ESAのマウラー飛行士、NASAのマーシュバーン飛行士、チャリ飛行士、バロン飛行士(Credit: NASA/Aubrey Gemignani)】

なお、クルードラゴン「エンデュランス」がISSを離れる1週間ほど前の2022年4月27日には、次の有人飛行ミッション「Crew-4」の宇宙飛行士たち4名を乗せたクルードラゴン「Freedom(フリーダム)」がISSに到着しました。現在はアメリカ・ロシア・欧州の宇宙飛行士合計7名がISSに滞在しています。

関連:スペースX、有人宇宙飛行「Crew-4」の打ち上げとISSドッキングに成功  宇宙船は「Freedom(自由)」と命名

また、半年後の2022年秋に予定されているさらに次のミッション「Crew-5」には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の若田光一宇宙飛行士が参加する予定です。日本人宇宙飛行士がクルードラゴンに搭乗するのは、野口聡一宇宙飛行士(Crew-1)、星出彰彦宇宙飛行士(Crew-2)に次いで3人目となります。

関連:若田光一宇宙飛行士がクルードラゴン運用5号機に搭乗決定! 2022年秋以降の打ち上げ

 

Source

  • Image Credit:NASA, Aubrey Gemignani
  • NASA - Crew-3 Astronauts Splashdown Ending Six-Month Mission
  • NASA - NASA’s SpaceX Crew-3 to Discuss Mission After Returning to Earth

文/松村武宏

Twitterでフォローしよう