中国が建設中の宇宙ステーション「天宮」の完成予想図(Credit: China Manned Space Engineering Office)

【▲ 中国が建設中の宇宙ステーション「天宮」の完成予想図(Credit: China Manned Space Engineering Office)】

2021年、中国は合計55機のロケットを打ち上げましたが、今年はさらに多くのロケットが中国を飛び立つことになりそうです。

中国の国有宇宙開発企業である中国航天科技集団(以下、CASC)は3日、40機以上のロケットを2022年に打ち上げる予定だと発表しました。CASCは2021年に「長征」ロケットシリーズ48機の打ち上げに成功しています。

関連記事:中国、2021年は55機のロケットを打ち上げ 年間の打ち上げ数は世界最多

CASCが2022年に予定している打ち上げのなかには、中国宇宙ステーション「天宮」に関連する6つのミッションが含まれています。その内訳は有人宇宙船が2機無人補給船が2機、そして天宮に接続される実験モジュールが2機となっています。

最初は無人補給船「天舟」4号による補給ミッションです。同船は文昌衛星発射場から「長征7号」ロケットを使って打ち上げられ、天宮のコアモジュール「天和」にドッキングします。同船の打ち上げは、有人宇宙船「神舟13号」で天宮に到着した宇宙飛行士による設備や科学装置等の搬送ミッションが完了した後となる3〜4月頃の見込みです。

天舟4号に続いて実施されるのは、天宮への3番目の有人飛行ミッションとなる「神舟14号」の打ち上げです。同船に搭乗する3人の宇宙飛行士は、1機あたり20トン近くある2つの実験モジュール「問天」「夢天」の到着に備えて「天和」に乗船するといいます。実験モジュールはそれぞれ6月8月頃に天宮へ到着する模様です。

これら実験モジュールの打ち上げと到着によって、T字型に結合した3つのモジュールで構成される宇宙ステーション「天宮」が完成します。その後は2022年の後半に有人宇宙船「神舟15号」と無人補給船「天舟5号」が打ち上げられる見込みです。

宇宙ステーション「天宮」の構造を示した図(Credit: Adrian Mann/Stocktrek Images/Alamy)

【▲ 宇宙ステーション「天宮」の構造を示した図(Credit: Adrian Mann/Stocktrek Images/Alamy)】

SpaceNewsは、2つの実験モジュールが「長征5号B」を使って打ち上げられるによるリスクに焦点を当てています。長征5号Bはコア・ステージ(1段目)が21トンもある巨大な打ち上げロケットで、過去には2020年と2021年に合計2回打ち上げられましたが、いずれも制御不能な状態で大気圏に再突入するという事態が発生しました。

関連記事
長征5号Bのコアステージは大西洋上で再突入、破片が地上に落下した可能性(2020年5月)
中国の「長征5号B」コアステージはインド洋に落下。ロケットの打ち上げに求められる「責任ある対策」(2021年5月)

小型ながら1000以上の科学実験が実施される天宮

国際宇宙ステーション(ISS、左)と天宮(右)の比較(Credit:Nature)

【▲ 国際宇宙ステーション(ISS、左)と天宮(右)の比較(Credit:Nature)】

質量約420トン国際宇宙ステーション(ISS)と比較すると66~100トン程天宮は小さく感じられますが、少なくとも10年間が予定されている運用中には国際連合宇宙局(UNOOSA)と連携して様々な実験が行われる予定です。

Nature誌2021年7月23日号の記事では中国の複数の科学者からの情報として、国際宇宙ステーション(ISS)では3,000以上に及ぶ実験が実施されたのに対し、天宮では1,000以上の実験実施が中国有人宇宙飛行計画局(CMSA)によって暫定的に採択されたと伝えています。

CMSAとUNOOSAはこのうち9個のプロジェクトを2019年に正式に採択しており、宇宙空間が人間のオルガノイド(※)の遺伝子変異に与える影響を調べる実験(ノルウェー科学技術大学など4つの研究機関による)や、宇宙空間で太陽電池の性能を調べる実験(サウジアラビアの研究機関による)などが計画されています。

※…試験管内で培養された臓器のミニチュア

なお、前述のように2021年に中国から打ち上げられた55機のロケットの大半はCASCによるものでしたが、2022年にはCASC以外の企業もロケットを打ち上げる予定です。CASCからスピンオフした中国航天科工集団(CASIC)や中国科学院(CAS)だけでなく、Galactic EnergyやLandspace、iSpaceやDeep Blue Aerospaceといった民間企業も打ち上げを予定している模様です。

 

Image Credit: China Manned Space Engineering Office
Source: SpaceNews, CASC, UNIS, Nature, UNOOSA
文/Misato Kadono