参考:H3ロケット。2021年に実施された極低温点検の様子(Credit: JAXA)

【▲参考:H3ロケット。2021年に実施された極低温点検の様子(Credit: JAXA)】

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2021年度に予定されていた、新型ロケット「H3」の試験機1号機の打ち上げを見合わせることを、2022年1月21日に発表しました。

H3ロケットは、2020年5月に実施された「LE-9エンジン」の燃焼試験にて問題が発覚し、試験機1号機の打ち上げを2021年度に、試験機2号機を2022年度に再設定するなど、開発計画を見直していました。

今回の再延期の発表は、問題の対応に一定の目途がついたものの、確実な打ち上げを実施するためとしており、新たな不具合や問題が発生したことなどは、発表されていません。

JAXA理事長の山川宏さんは「打上げ時期の変更は2度目になり、計画通りに打上げを実施できないことを大変重く受け止めております。この変更は、宇宙航空研究開発機構として、H3ロケット試験機1号機の確実な打上げのためには必要な措置と考えており、関係者一丸となって残りの開発を進めて参ります。」とコメントしています。

 

関連:ついに姿を見せたH3ロケット、打上げまで道のりとロケット外観の変化(2021)

Image Credit: JAXA
Source: JAXA