インマルサット社の通信衛星シリーズ「Inmarsat-6」の初号機「Inmarsat-6 F1(I-6 F1)」を搭載して打ち上げられた「H-IIA」ロケット45号機(Credit: Inmarsat)

【▲インマルサット社の通信衛星シリーズ「Inmarsat-6」の初号機「Inmarsat-6 F1(I-6 F1)」を搭載して打ち上げられた「H-IIA」ロケット45号機(Credit: Inmarsat)】

三菱重工業は日本時間2021年12月23日0時32分、衛星通信サービスを手がけるインマルサット社の通信衛星「Inmarsat-6 F1(I-6 F1)を搭載した「H-IIA」ロケット45号機を種子島宇宙センターから打ち上げました。I-6 F1は離陸から約26分後に切り離され、打ち上げは成功しています。

I-6 F1はインマルサット社の第6世代通信衛星「Inmarsat-6(I-6)」シリーズの初号機にあたる衛星です。I-6シリーズはLバンドを利用する狭帯域衛星ネットワーク「ELERA」およびKaバンドを利用する高速衛星ブロードバンド「Global Xpress」という同社の2つのサービスに対応しており、同社が構想する静止衛星・低軌道衛星・地上の5Gを統合したネットワーク通信網「ORCHESTRA(オーケストラ)」における重要なピースになることが期待されています。

【▲通信衛星「Inmarsat-6 F1」の想像図(Credit: Inmarsat)】

インマルサット社によると、I-6シリーズは打ち上げ時の重量が5470kg(推進剤込み)、本体の全長が7.5m太陽電池アレイ展開後の幅が47mという大型の衛星です。I-6 F1は打ち上げから数日の間に直径9mのLバンドアンテナ反射鏡を展開し、その後は搭載されている電気推進システムを使用して高度約3万6000kmの静止軌道を目指します。

また三菱重工業によると、H-IIAロケットの打ち上げ成功率は今回の45号機で97.8パーセントに到達。宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)の打ち上げに9回使われた「H-IIB」ロケット(全て打ち上げ成功)も含めれば、打ち上げ成功率は98.1パーセントに達したとのことです。

 

関連:H-IIAロケット45号機が打ち上げる「Inmarsat-6 F1」 6年ぶり2回目となる民間商業衛星について

Image Credit: Inmarsat
Source: 三菱重工業 / Inmmarsat
文/松村武宏