中国は、日本時間12月10日に技術試験衛星「実践6号05A,05B(Shijan6-05A,05B)」を搭載した長征4Bロケットの打ち上げに成功しました。長征4Bロケットは、中国北部にある酒泉衛星発射センターから発射され、予定の軌道に投入されました。

長征シリーズは今回の打ち上げで400回を記録し、これまでに700以上の機体を宇宙に送り届けています。また、長征シリーズは、1970年の初飛行から37年かけて300回を達成していますが、直近の100回は、わずか2年9ヶ月で達成したとのことです。


「実践6号」は、過去に4回の軌道投入に成功(01A,B〜04A,Bの8機)しており、前回の2010年から今回の打ち上げは約11年ぶりとなります。CNSAの発表によると、実践6号は、中国航天科技集団(CASC)および関連会社が開発した技術試験衛星で、宇宙環境の調査や新技術の検証などに利用されるとしています。

しかし、「実践6号05A,05B」の画像や詳細なミッションは明らかにされていません。

 

Image Credit: CNSA
Source: CNSA,SpaceNews
文/sorae編集部