GITAI Japanは、国際宇宙ステーション内で実施予定である技術実証のためのNASA安全審査を全て通過したと発表しました。同社は宇宙用作業ロボットの開発を行うベンチャー企業で東京都大田区に本社を構えます。2021年度に国際宇宙ステーション(ISS)に設置されている「Bishopエアロック」内でGITAIロボットによる「汎用作業遂行技術実証」を実施する予定です。ロボットは今年8月18日打ち上げ予定で、スペースX社が開発した「Cargo Dragon」を用いた「商業輸送ミッション(CRS-23)」に搭載されてISSまで運ばれます。

GITAIが開発を進める宇宙用ロボットアームS1(Credit: GITAI)

【▲ GITAIが開発を進める宇宙用ロボットアームS1(Credit: GITAI)】

同社によると、この技術実証は米国の民間宇宙企業Nanoracks社と共同で実施します。GITAIは宇宙用ロボットアームS1に関する開発を担当し、Nano社は打ち上げ機会の提供や軌道上の管理などを行います。そしてNASAはロボットアームの輸送とNASA宇宙飛行士による設置を担うということです。

同社の技術実証では、宇宙用ロボットアームS1をアメリカのNanoracks社が開発したBishopエアロック内に設置します。その後、ISSでの船内作業としてスイッチ・ケーブル操作を行ったり、宇宙組立作業として宇宙用パネル組み立て作業の2つの技術実証を行います。ロボットアームの制御は、最初は自律制御で行いますが、その後ヒューストンにあるNanoracks社管制室から遠隔操作でも行う予定です。この実証において、宇宙で汎用的な作業ができる宇宙用自律ロボットの技術獲得を目指すということです。

 

Image Credit: GITAI Japan
Source: GITAI Japan
文/出口隼詩

 オススメ関連記事