アポロ11号の司令船操縦士を務めた在りし日のマイケル・コリンズ氏(Credit: NASA)

【▲ アポロ11号の司令船操縦士を務めた在りし日のマイケル・コリンズ氏(Credit: NASA)】

2021年4月28日、人類初の月面有人着陸を成し遂げた「アポロ11号」の司令船操縦士だった元宇宙飛行士のマイケル・コリンズ氏が亡くなりました。90歳でした。

コリンズ氏は1930年10月31日にイタリアのローマで生まれ、1952年に米陸軍士官学校を卒業。空軍に入隊したコリンズ氏は1959年から1963年にかけてエドワーズ空軍基地でテストパイロットを務め、1963年10月にアメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士として選抜されました。

最初の宇宙飛行は1966年7月18日に打ち上げられた「ジェミニ10号」でした。ジェミニ10号には船長のジョン・ヤング氏(※)と操縦士のコリンズ氏が搭乗。3日間のミッションではドッキング標的機「アジェナ」との2回のドッキング、アジェナのエンジンを使った軌道変更、アジェナに取り付けられていた微小隕石収集装置の回収などが行われています。この飛行においてコリンズ氏は装置回収のための宇宙遊泳(船外活動)を行い、アメリカで宇宙遊泳を行った3人目の宇宙飛行士となりました。

※…後にアポロ16号で月面を歩き、スペースシャトル初のミッションでは船長を務める

月面着陸に向けて切り離された着陸船「イーグル」から撮影された司令船「コロンビア」。司令船に留まったコリンズ氏は着陸船に乗った2人が戻ってくるまでのあいだ、1人だけで月を周回し続けた(Credit: NASA)

【▲ 月面着陸に向けて切り離された着陸船「イーグル」から撮影された司令船「コロンビア」。司令船に留まったコリンズ氏は着陸船に乗った2人が戻ってくるまでのあいだ、1人だけで月を周回し続けた(Credit: NASA)】

そして1969年7月16日、コリンズ氏にとって2回目の宇宙飛行となったアポロ11号が打ち上げられました。着陸船「イーグル」に乗って月面に降り立ち、人類で初めて月面を歩いた船長のニール・アームストロング氏と月着陸船操縦士のバズ・オルドリン氏が戻ってくるまでのおよそ1日間、コリンズ氏は司令船「コロンビア」の操縦士として月を周回し続けました。

月の裏側では地球との通信が断たれるため、司令船操縦士は時折、文明から隔絶された世界を1人だけで飛ぶことになります。生前、コリンズ氏は当時の様子を「月の向こう側には30億人とプラス2人。こちら側には1人プラス、誰がいるのかは知る由もなし」と振り返っています。

月面から戻ってきた着陸船上昇段をコリンズ氏が撮影した写真。背景には地球が見えており、コリンズ氏1人をのぞく当時の全人類がこの1枚に収まっていることになる(Credit: NASA, Apollo 11; Restoration: Toby Ord)

【▲ 月面から戻ってきた着陸船上昇段をコリンズ氏が撮影した写真。背景には地球が見えており、コリンズ氏1人をのぞく当時の全人類がこの1枚に収まっていることになる(Credit: NASA, Apollo 11; Restoration: Toby Ord)】

合計266時間の宇宙飛行を経験したコリンズ氏は1970年にNASAを去り、国務次官補、国立航空宇宙博物館館長、LTVエアロスペース副社長を歴任。その後はコンサルティング事業を立ち上げ、講演や自著の執筆などの活動を続けていました。家族によると、晩年のコリンズ氏はがんとの闘病を続けていたとのことです。

 

Image Credit: NASA
Source: NASA
文/松村武宏

 オススメ関連記事