月保険が提供される株式会社ダイモンの月面探査ローバー「YAOKI」(Credit: ダイモン)

【▲株式会社ダイモンの月面探査車「YAOKI」(Credit: ダイモン)】

東京海上日動火災保険株式会社(以下、東京海上日動)は、英国Beazley PLC(以下、Beazley)と共同で開発した「月保険(Lunar Insurance)」を2022年4月21日に発表しました。

月保険は、宇宙開発事業者に対しての月面探査専用の保険で、保険の対象は「月面探査ローバーによる月面探査ミッション」、補償の概要としては「月面探査ローバーの故障や通信トラブルで、予定のミッションが達成できない場合、月面までの輸送費用や月面探査ローバーの製造費用等を補償する」というもの。

東京海上日動は、世界初の民間企業による月面探査を目指す、株式会社ダイモン(以下、ダイモン)と2021年にパートナーシップ契約を締結し、Beazleyを含めた3社で月面探査ミッションに関する共同研究を進め、商品開発に至ったといいます。また、月保険はダイモンの月面探査ミッション「Project YAOKI」に提供されるとのことです。

なお、東京海上日動は、宇宙事業に携わる産業の成長と発展に貢献することを目指した「宇宙プロジェクト」を2022年2月24日に始動しています。

 

Source

sorae編集部