2回目の軌道飛行試験「OFT-2」に向けて準備が進むスターライナーのクルーモジュール(Credit: Boeing)

NASAは12月10日、ボーイングが開発中の新型有人宇宙船「スターライナー」による国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングを目指す2回目の無人軌道飛行試験「OFT-2(Orbital Flight Test-2)」の打ち上げ実施が2021年3月29日に予定されていることを発表しました。

スターライナーはスペースXの有人宇宙船「クルー・ドラゴン」とともにNASAのコマーシャルクループログラム(商業乗員輸送計画)のもとで開発がスタートした有人宇宙船です。2019年12月にはスターライナーの初飛行となる無人軌道飛行試験「OFT」が実施されましたが、機体に搭載されていたタイマーの問題により計画されていた軌道に入ることができず、国際宇宙ステーションへの到達を断念して地球に帰還しています。

関連:ISSへのドッキングを断念したスターライナー、ホワイトサンズに無事帰還

ボーイングとNASAはOFTの結果をもとに独立調査チームから示された勧告を受けて対策を講じ、OFT-2の準備を進めてきました。OFT-2は2020年8月の時点で同年12月にも実施される予定とされていましたが、今回の発表により3か月ほど延期されたことが明らかになった形です。

また、8月の時点ではOFT-2に続く有人飛行試験「CFT(Crew Flight Test)」が2021年6月に実施される予定とされていましたが、今回の発表では2021年夏と表現されており、OFT-2に合わせてこちらもスケジュールが遅れる可能性があります。

CFTではボーイング(元NASA)のクリストファー・ファーガソン宇宙飛行士、NASAのマイケル・フィンク宇宙飛行士およびニコール・マン宇宙飛行士の3名がスターライナーに搭乗することが発表されています。このうちマン宇宙飛行士は月面有人探査を行うアルテミス計画で月を目指す18名の宇宙飛行士「アルテミスチーム」の一員にも選出されています。

CFTでスターライナーに搭乗する3名の宇宙飛行士。左から:マン飛行士、フィンク飛行士、ファーガソン飛行士(Credit: Boeing)

なお、OFT-2とCFTの後に計画されているスターライナーによる最初の運用ミッション「スターライナー1(Starliner-1)」について、8月の時点では2021年12月に実施予定とされていましたが、今回の発表では時期について触れられていません。

 

Image Credit: Boeing
Source: NASA
文/松村武宏

 オススメ関連記事