スペース・バルーン社のロゴ映像(Credit: スペースバルーン)

スペース・バルーン株式会社は、2020年9月21日に関東沿岸・茨城県沖では初となる、高高度気球による成層圏飛行実験に成功し、成層圏からお気に入りのアイテムを撮影するサービス「スペースバルーン・フォトサービス」の受付を開始しました。

「スペースバルーン・フォトサービス」は、今回の高高度気球の成層圏飛行実験の成功で得た成果をもとに、年間100組限定で成層圏からアイテムを撮影するサービス。一組50万円(税抜)となっており、申込者のお気に入りの写真やグッズ、記念メッセージなどを成層圏まで打ち上げ、青い地球と、漆黒の宇宙をバックに宇宙映像を動画撮影します。申込者には、撮影した動画と、動画内のベストショット写真(10枚)が届けられます。2020年10月5日より受付を開始し、2021年春より順次、茨城県沖にて撮影予定となります。

なお、実施された高高度気球による成層圏飛行実験では、「スペース・バルーン社のロゴ映像」と「雲の遥か上を滑空する水戸納豆の映像」の撮影に成功しています。

雲の遥か上を滑空する水戸納豆の映像(Credit: スペースバルーン)

高高度気球による成層圏飛行実験や「スペースバルーン・フォトサービス」の詳細に関しては、スペースバルーン社の公式サイト(https://www.spaceballoon.co.jp/)を参照してください。

 

Image Credit: スペースバルーン
Source: スペースバルーン

 オススメ関連記事