長征4号Bロケット打ち上げ成功(Credit: CNSA)

中国国家航天局は日本時間9月21日午後2時40分、甘粛省の酒泉衛星発射センターで長征4号Bロケットの打ち上げを実施しました。打ち上げは順調で、搭載されていた人工衛星「海洋2号C」を無事に目的の軌道に投入したことを発表しています。

海洋2号C(HaiYang 2C:HY-2C)」は、海洋シリーズの2世代目となる海洋観測衛星。全天候型で、海面の高さ、波、風向きなどをリアルタイムで高精度に観測が可能。さらに、船舶識別機能や中国沿岸やその他の海域からの測定データの受信・保存・転送機能を備えています。また、2018年に軌道に投入された「海洋2号B」や今後打ち上げが予定されている「海洋2号D」などと衛星コンステレーションを構築する予定です。

なお、今回のミッションは長征ロケットシリーズの第347回目の打ち上げとなりました。

 

Image Credit: CNSA
Source: CNSA

 オススメ関連記事