はやぶさ2(左上)と大気圏に再突入するカプセル(下)のイメージ (Credit:JAXA)

小惑星探査機「はやぶさ2」がオーストラリアのウーメラ立ち入り制限区域にカプセルを届ける12月6日まで、あと3か月を切りました。ミッションの最終局面を迎えたはやぶさ2プロジェクトは、改めて一般からの応援メッセージを募集しています。

メッセージの送信方法はWebフォーム経由ツイッター経由の2通り。WebフォームにはこちらのURL( http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/202009_message/ ※ページ下部のイラストが目印です)からアクセスが可能で、文字数は最大200文字まで。ツイッターを利用する場合はハッシュタグ「#はやぶさ2地球帰還」を付けて送信します。

Webフォームは文章のみ送信可能となっており、画像を添付したい場合はツイッターの利用が勧められています。はやぶさ2プロジェクトによると、募集期間は2020年末まで。寄せられたメッセージははやぶさ2プロジェクトのウェブサイトで紹介される可能性もあるようです。

はやぶさ2はカプセルを届けた後に別の小天体へと向かう拡張ミッションも計画されています。新たな旅立ちを迎えるはやぶさ2が地球に戻ってくる12月6日を、soraeも心待ちにしています。

 

関連:【解説】「はやぶさ2」拡張ミッションは、あらゆることが実験に

Image Credit: JAXA
Source: はやぶさ2プロジェクト
文/松村武宏

 オススメ関連記事