クルー・ドラゴンを搭載したファルコン9ロケット打ち上げの瞬間(Credit: NASA TV)

日本時間5月31日(日)4時22分、スペースXの新型宇宙船「クルー・ドラゴン」による初の有人飛行ミッション「Demo-2」の打ち上げが行われました。同社のファルコン9ロケットに搭載されてケネディ宇宙センター第39A発射台を飛び立ったクルー・ドラゴンは、打ち上げからおよそ12分後に無事軌道へと投入されています。

Demo-2の打ち上げはもともと3日前の日本時間5月28日(木)5時33分に予定されていましたが、悪天候により延期となっていました。スペースシャトルの運用終了以来アメリカとしては9年ぶり、民間宇宙企業が開発した宇宙船としては初の有人飛行という歴史的なミッションです。

Robert Behnken(ロバート・ベンケン)宇宙飛行士Douglas Hurley(ダグラス・ハーリー)宇宙飛行士を乗せたクルー・ドラゴンはこのあと徐々に高度を上げていき、日本時間5月31日(日)23時30分頃に国際宇宙ステーション(ISS)へとドッキングする予定です。両宇宙飛行士は第63次長期滞在クルーとしてすでに到着している3名と合流し、ISSに約110日間滞在した後にクルー・ドラゴンで地上へと帰還します。

なお、今回もファルコン9ロケット1段目の回収が実施されており、打ち上げからおよそ9分半後に大西洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」に降り立っています。また、Demo-2の次に控えているクルー・ドラゴンの運用初号機には、ミッションスペシャリストとして宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一宇宙飛行士が搭乗することが決定しています。

ファルコン9ロケット2段目から分離されたクルー・ドラゴン(Credit: NASA TV)

 

Image Credit: NASA TV
Source: NASA
文/松村武宏

 オススメ関連記事