NASAのジム・ブライデンスタイン局長は5月27日、日本の野口聡一宇宙飛行士も搭乗するクルー・ドラゴンの打ち上げを、8月30日に実施する予定だと発言しました。

現在スペースXは、宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へと輸送するためのクルー・ドラゴンを開発しています。すでに無人での打ち上げミッション「デモ1」に成功し、有人でのテスト打ち上げミッション「デモ2」も米国時間5月27日に予定されています。

一方野口さんは、2005年のスペースシャトル「ディスカバリー」ミッション、そして2009年〜2010年のISS滞在ミッションと、2回の宇宙滞在を経験しています。

クルー・ドラゴンにて野口さんに同乗するのは、ビクター・グローバー飛行士とマイケル・ホプキンス飛行士。ミッションが成功すれば、クルー・ドラゴンによる初めての正式運用ミッションに日本人宇宙飛行士が参加することになります。

 

Image: JAXA/NASA
Source: SpacePolicyOnline.com, 毎日新聞
文/塚本直樹

 オススメ関連記事