スペースXとNASAは初の「クルー・ドラゴン」による宇宙飛行士の打ち上げミッションを現地時間5月27日(日本時間28日午前5時33分)に実施しますが、その打ち上げに「GO」サインが出されました。

ケネディ宇宙センターから打ち上げられる「ファルコン9」ロケットには、スペースXが開発したクルー・ドラゴンが設置されています。今回のミッションでは、宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へとテスト打ち上げする予定です。

ミッション「デモ2」に参加するのは、NASAのボブ・ベンケン宇宙飛行士と、ダグ・ハリー宇宙飛行士。これが成功すれば、スペースシャトル計画の終了以来で初めて、アメリカから宇宙飛行士が宇宙へと飛び立つことになります。

クルー・ドラゴンは2019年3月の「デモ1」にて、打ち上げからISSへのドッキング、そして地上への帰還に成功しています。そして今回のテスト打ち上げに成功すれば、いよいよISSへの宇宙飛行士輸送を開始することになります。

なお、現地の天候は60%の可能性で好天が期待されています。歴史的な打ち上げミッションが、何よりも無事に完了することを祈りたいものです。

 

Image: スペースX
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事