スペースXのプロトタイプ宇宙船こと「SN4」が、エンジン点火テストと追加の圧力テストを成功させました。

スペースXは巨大宇宙船「スターシップ」の開発を進めており、SN4はその最新のプロトタイプとなります。また、4月29日にはすでに低温での圧力テストを成功させています。

そして5月5日と7日には、搭載した「ラプター」エンジンのスタティック・ファイア・テストを地上にて実施。実験は成功しました。

さらに5月9日には、再度超低温圧力テストを実施。燃料タンクに液体窒素を満たす実験では、前回の4.9バールよりも高い7.5バールの圧力に耐えたことが確認されています。

今後、SN4は高度150メートルを目指すホップ飛行が予定されています。さらに次期バージョンのSN5の製造も始まっており、こちらでは3基のラプターエンジンを搭載し、高度20キロメートルまで飛行する予定です。

 

Image: SPadre.com
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事