NASAは4月2日、アルテミス計画における月面基地の詳細についてのレポートを公開しています。

NASAは現在、アルテミス計画としてアメリカ人宇宙飛行士を2024年に月面に立たせるミッションをすすめています。そしてその後には、月面基地の建設に着手する予定です。

月の南極のシャックルトン・クレーターに建設されるアルテミス・ベースキャンプは、月面探査における長期的な足がかりとなります。これは、4人の宇宙飛行士が1週間滞在できることを想定しています。

さらに、2つのモビリティシステムも配備されます。「LTV(月面車)」は基地周辺の移動に利用され、それ以外にも最大45日の移動が可能な移動プラットフォームも計画されています。

さらに、月上空を周回する「ゲートウェイ」では、火星探査の練習ミッションも計画されています。ゲートウェイでは4人の宇宙飛行士のチームが数ヶ月生活し、2名の宇宙飛行士が月面基地との間を移動します。

 

Image: NASA
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事