宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、スペースデブリ(宇宙ゴミ)除去を新規宇宙事業として拓くことを目的として「商業デブリ除去実証(CRD2;Commercial Removal of Debris Demonstration)フェーズ I」を進めており、契約先として株式会社アストロスケールを選定、契約を締結したことを発表しました。

今回のパートナーシップ型の契約は、民間事業者の自立・国際競争力確保を促す新たな試みとしたもの。民間事業者が宇宙機開発・技術実証を実施し、JAXAが研究開発成果や技術アドバイス、試験設備の供用等を行います。

なお、商業デブリ除去実証では、世界初の大型スペースデブリの除去実現に向け、デブリ除去のキー技術である、非協力的なターゲットへの接近や近傍制御、デブリの運動状態や損傷・劣化の状況がわかる画像データの取得を行います。

商業デブリ除去実証についての取り組みの詳細はこちら(http://www.kenkai.jaxa.jp/research/debris/crd2/crd2.html)を参照してください。

 

Source: JAXA

 オススメ関連記事