ヴァージン・ギャラクティックは2月13日、宇宙船「スペースシップツー」の2号機ことVSS Unityを、ニューメキシコのスペースポートへと輸送しました。

スペースシップツーでは、高度100km以上へと到達する宇宙旅行を計画しています。機内には6人が搭乗でき、微重力環境が体験可能。また、母艦となる「ホワイトナイトツー」にて一旦空中へと係留され、その後にエンジンを点火するのも特徴です。

これまで、ヴァージン・ギャラクティックはカリフォルニアのモハベにて飛行実験を行ってきました。そして今後はニューメキシコにてテストを継続し、商用運行の実施へと移行します。

なお、このスペースポートでは5機のスペースシップツー、そして2機のホワイトナイトツーが同時運行できます。また、ヴァージン・ギャラクティックによる初期の宇宙飛行のチケットは25万ドル(2800万円)で販売されました。

 

Image: ヴァージン・ギャラクティック
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事