スカパーJSAT株式会社は、通信衛星「JCSAT-17」の打ち上げに成功したことを発表しました。

日本時間2月19日(水)の午前7時18分、フランス領ギアナにあるギアナ・スペース・センターからアリアンスペース社のアリアン5(Ariane-5ECA)ロケットで打ち上げられ、午前7時45分に分離成功しました。今後は、静止軌道上での性能確認試験を経て、運用を開始する予定となります。

JCSAT-17は、SバンドCバンド及びKuバンドのトランスポンダーを搭載し、衛星通信サービスを提供。Sバンド及びCバンドは、日本及び周辺海域向けの移動体通信用としてNTTドコモがIRU(indefeasible right of user)契約にて長期利用します。

なお、アリアン5ロケットには韓国の地球環境・海洋モニタリング衛星「GEO-KOMPSAT-2B」も搭載されており、無事に軌道投入されたとのことです。

https://twitter.com/LockheedMartin/status/1229768039849242624

 

Image: アリアンスペース
Source: スカパーJSAT

 オススメ関連記事