スペースXのドラゴン補給船が1月7日、国際宇宙所テーション(ISS)から分離し地球へと帰還しました。

今回のドラゴン補給船(CRS-19)は2019年12月5日に打ち上げられたもので、ISSへと約2.6トンの物資を届けました。そして1月7日にISSから分離され、太平洋へと着水したのです。

今回の補給ミッションは、スペースXにとって19回目のミッションでした。またこのドラゴン補給船は、以前にも2回打ち上げられ、補給ミッションを実施しています。

さらに、宇宙飛行士が搭乗する宇宙船「クルー・ドラゴン」の開発もすすめられています。こちらは空中での脱出装置のテストを実施した後、年内にも有人飛行が実施される予定です。

 

関連:スペースX、19回目のドラゴン補給船の打ち上げに成功。経産省開発の「HISUI」を積載

Image: NASA TV
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事