ボーイング、JAXAや経済産業省と協力協定を締結

米国ボーイングとJAXAは、2019年2月1日に航空分野におけて協力協定を締結したことを発表しました。

ボーイングとJAXAは2009年から、航空分野に関する将来の技術開発の促進や共同研究を行っており、近年ではJAXAの開発した晴天乱気流検知システムがボーイングのエコデモンストレーター・プログラムに搭載され、飛行テストが実施されたことでも話題になりました。今回の締結によって、ボーイングとJAXAの協力関係をより深めることで、新たな共同開発に向けるとしています。なお、本締結による新たな共同開発の内容は公開されていません。

また、ボーイングは1月15日にも経済産業省と航空分野に関する技術協定を結んでおり、ボーイングの将来の航空機の競争力強化と日本の航空機産業の更なる発展のため、新たな技術分野における協力強化に合意したと発表しています。

 

Image Credit:ボーイング

JAXA | JAXAと米国ボーイング社間の航空分野における協力協定の締結について
「JAXAと米国ボーイング社間の航空分野における協力協定の締結について」を掲載しています。 -宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。
磯﨑経済産業副大臣がボーイング社と将来の航空機の技術協力に係る合意書に署名しました (METI/経済産業省)
磯﨑経済産業副大臣は、1月15日に、ボーイング社 チーフ・テクノロジー・オフィサー グレッグ ハイスロップ との間で、将来の航空機に必要となる技術分野において、両者が協力を強化することを目的として、「日本国経済産業省とボーイング社との間の航空機の技術協力に係る合意書」に署名をしました。
ページ上部へ戻る