株式会社ispaceは予定している月面探査ミッション「HAKUTO-R」のスケジュールを変更し、2021年に月面着陸、および2023年に月面着陸&探査を実施すると発表しました。

HAKUTO-Rでは独自のランダー(着陸機)とローバー(探査車)を開発し、米スペースXの「ファルコン9」ロケットにて打ち上げます。また同プログラムは、民間企業による月面探査レースの参加チームから名前を引き継いでいます。

HAKUTO-Rは米DRAPERをつうじて、NASAの月面輸送事業者の育成プログラム「CLPS(クリプス)」に2018年11月に選定されました。そしてこのCLPSに対応するため、スケジュールを変更し月面着陸用のランダーに注力することとなったのです。

今後、HAKUTO-Rはランダーのための着陸脚の開発、ランダーを管制するアンテナ地上局の契約、ミッションコントロールセンターの設計、そして月面着陸のオペレーション計画とトレーニング計画の立案をすすめるとしています。

 

Image: ispace
■HAKUTO-Rプログラム内容の変更について
https://ispace-inc.com/jpn/news/?p=1376
文/塚本直樹

 オススメ関連記事