高砂熱学工業株式会社と株式会社ispaceは、世界初の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のコーポレートパートナー契約を締結したことを12月18日に発表しました。

高砂熱学工業は、これまでに培った技術を用いた水電解装置を2023年の月面探査ミッションで打ち上げる着陸船に搭載する予定となります。月の地下には水資源が数十億トン存在すると予測されている非常に重要な資源。水電解装置を用いる事で、水素と酸素を取り出すことが可能となり、限られた空間の限られたエネルギー資源を有効に活用することが可能に。この試みは世界初となります。

また、この実証実験は月面実験だけ留まらず、あらゆる環境下においての水素エネルギー有効化の実証、地球上での水電解テクノロジーを発展させ、資源の有効活用や事前環境配慮、持続可能な社会の構築を目指すといいます。

 

Image: HAKUTO-R

 オススメ関連記事