スペースXは11月13日、「クルー・ドラゴン」宇宙船の脱出システムの地上テストを実施し、成功させました。

クルー・ドラゴンはNASAとの契約の元、アメリカの宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)への輸送を担当します。宇宙船は「ファルコン9」ロケットにより打ち上げられます。

そして打ち上げの際に問題が起きた際に備え、クルー・ドラゴンには脱出システムとして「スーパードラコ」エンジンが8基搭載されています。

ケープ・カナベラル空軍基地での点火テストを成功させたことにより、今後は空中での脱出システムのテスト、そして2人の宇宙飛行士を搭乗させたデモ飛行を実施した後、実際のクルー・ドラゴンの運用が始まります。

また、ボーイングが開発する宇宙船「CST-1000 スターライナー」も、11月4日に地上での脱出システムのテストを実施しています。

 

Image: スペースX
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事